« Album Review No.4
1966カルテット「アビー・ロード・ソナタ」
| トップページ | MONO No.139 GEM COASTER »

2016年5月 4日 (水)

午後の風

健一は今日もまた授業をサボって、五反田から蒲田行きの池上線で旗の台へ向かった。あと1回休むと再履修している必修科目の単位があぶないということぐらいはわかっている。「単位が取れなかったら来年また履修すればいいさ。」1年次の必修科目は今年で3度目の再々履修。イヤなこと面倒なことはすべて頭の中から消去してしまう性格は昔から変わっていない。

五反田を出発したグリーン色の電車はものの数分で戸越銀座に到着。ヘッドフォンからREO Speedwagonの「Keep On Loving You」のメロウなギターソロが始まったとき電車がふたたび動き出した。

向かった先は、つき合い始めて2年のさえが住むマンション。音楽短大を卒業してピアノ講師をしているさえは、1年前から中目黒にある音楽教室に勤めていた。

2年前にキーボードメンバーとしてバンドに加入した彼女。バンド内での交際は御法度だが、お互い感情の赴くままに毎日過ごしてきた結果なのだから仕方がないと他のメンバーもあきらめていた。

きっかけはバンド練習が夜遅くなり、家まで送ることになったときだった。ギブソンのES335が買えず、国産メーカーのセミアコースティックのギターを愛用していた健一はいつも重そうに、でも大事にギターを抱えていた。そんな姿をいつも見ていたさえが、「そのギター、一緒に持ってあげる」とハードケースの取っ手に手を伸ばしてきたその日から交際が始まった。

マンションに向かう途中、神社の境内では木陰で幼稚園児のお迎えを待つママ友グループがくだらないおしゃべりに夢中になっている。結婚して子供が生まれ、4,5年もするとあんな風になるんだろうか、とぼんやり考えていた。そして、ハノンを持ってくるのを忘れたことに気がついたのは、園児の送迎バスとすれ違ったときだった。

ひとあし早く社会人になったさえは、健一が卒業したらちゃんと就職するのだろうかと心配するようになっていた。つき合いだした頃は会うたびにカラダを求められたが、いまはそんな事も少なくなった。最近頻繁にマンションに訪れるのはそんなことではなく、ピアノを教えてもらうことが目的のような気がして、男の身勝手さを感じ始めていた。

20160504

※この作品はフィクションであり、実在する、人物・地名とは一切関係ありません。

|

« Album Review No.4
1966カルテット「アビー・ロード・ソナタ」
| トップページ | MONO No.139 GEM COASTER »

コメント

なんか・・・片岡を
久しぶりに
読みたくなったのは
何故なんだろうなぁ。

嗚呼 AOKI春

 σ(゚ー^*)

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2016年5月 4日 (水) 08時15分

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん
雨があがって青空が‥。
さっきの暴風雨は何処へ

投稿: たろ | 2016年5月 4日 (水) 08時37分

たろさん。bookpencil

>今日の画像と記事は深いなぁ
(´-`).。oO
同感です。(笑)

小説を読むかどうか決めるとき,
書き始めの部分で決めてしまう癖があるのですが。
今朝ここを開いて,どんどん読んでしまいました。
なぜかと言うと,一段落目(?)が,
まるでわたしの大学時代とおんなじでした。
人が書かないレポートを,
ずいぶん提出させられたものです。(゚ー゚;

投稿: a-kaki | 2016年5月 4日 (水) 12時33分

かぜ~
今日は風が強くて ^^;

すいません

いちご白書を...
思い出しました 

投稿: 維真尽 (^^♪ | 2016年5月 4日 (水) 21時44分

過去を思い出して
エッセイ風になってるのかな?
重いギターを持ってたから
ドラマが始まったんですね。

投稿: せいパパ | 2016年5月 5日 (木) 05時45分

a-kakiさん
おはようございます
レポートを書いてもらった単位は
誰にも負けないと思います(笑)

a-kakiさんは真面目な学生だった思っていました(笑)
親近感がわきます👍

投稿: たろ | 2016年5月 5日 (木) 06時45分

維真尽(^^♪ さん
いちご白書といえば、
エンディングのギターソロ!
当時懸命にコピーしましたよ。

映画ではなく、バンバンの曲のことですけど…(笑)

投稿: たろ | 2016年5月 5日 (木) 06時47分

せいパパさん
その当時は背負うギターケースは
まだ少なかったのでホント重かったです。

って、フィクションですから(笑)

投稿: たろ | 2016年5月 5日 (木) 06時49分

こんばんは。
たろさんも小説を書き始めたのかな?
音楽、ギター、音大などのマテリアルが出てくるところはたろさんらしいなぁと思います。
続きが読みたいです。

投稿: モーツアルト | 2016年5月 5日 (木) 22時51分

モーツァルトさん
小説なんてものではありませんよ。
ただのメモです
なので続きはありません(笑)

あの時、あの場面で自分の感情をコントロールできていたら、もっと違った人生があったのだろうなぁ

なんて考えることがあります。

投稿: たろ | 2016年5月 6日 (金) 02時20分

おはようございます。
私は講義は必ず聴いていた方ですが、一度だけ行政法の講義をサボって、昼からやっている焼き鳥屋へ飲みに行ったことがありました。というか、それ以来行政法の講義には行かなかったですね。まあ、何とか単位は落としませんでしたが。

投稿: へるぞう | 2016年5月 6日 (金) 03時24分

へるぞうさん
おはようございます
真面目な学生だったようですね
こっちは真面目に勉強した記憶がありませんから(笑)
さすがです👍

投稿: たろ | 2016年5月 6日 (金) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Album Review No.4
1966カルテット「アビー・ロード・ソナタ」
| トップページ | MONO No.139 GEM COASTER »