« 父の日のプレゼント | トップページ | 旭川旅行記(出発編) »

2016年6月10日 (金)

自分の音楽史(1974年) その1

1974年(昭和49年) -中学3年-

田舎の中学生といえども、3年生になれば否が応でも高校進学のことを考えなければならない時期。そんな時期に勉強などしないでレコードやカセットテープを聴きながらギターばかり弾いているバカな自分。両親からは「高校に入れなかったらどうするの!」と毎日叱られていたような記憶がある。教科書を読むより「ミュージックライフ」を読んいる時間の方がはるかに長かった。しかも何度も読み返すから、その当時の記事の内容は脳裏に焼き付いている。自分の人生はこの中学3年間で決まったのだと思う。ちなみにひとつ上の兄は、にスンナリ進学校に入学。できのいい兄に盆暗な次男坊というよくあるパターン。

この年に実はクラシック音楽にも興味を持ち始めた。きっかけになったのは音楽の教科書に載っていたドヴォルジャークの「家路(注)」。

注:正式にはドヴォルジャーク作曲交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」の第2楽章 Largoの一部の旋律のことで、このイングリッシュホルンの旋律に歌詞をつけたものを『家路』というらしい)

81bgduw32sl_sl1500_
注:当時購入したレコードは廃盤になっていたので実際に購入したものではありません

この「家路」を教材に音楽の先生に簡単な和声を教えてもらうことになる。ギターコードが載っていない譜面でも調と旋律さえ書いてあれば、ギターコードを付けられるようになったのはこの音楽の先生のおかげである。そしてこの音楽の先生は実は英語の先生でもあったことが、さらに洋楽を好きになっていった理由でもあった。

ほかの教科の先生の顔と名前は忘れても、この音楽(英語)の先生のことはいまでもハッキリ覚えている。

(次回、1974年その2に続く)

|

« 父の日のプレゼント | トップページ | 旭川旅行記(出発編) »

コメント

あるよねぇ・・・そういう出会い。
高校の個人面談で
周りの奴らは 進学の話をしているのに
うちのタンニン、お前 これ控えろよ・・って
左手の人差し指と中指を口元へもっていく
ジェスチャーなど・・・
おれも15から吸っていたから
説得力ないけどな・・・などと

 しんみり話してくれた先生の名前は
 フルネームで(⌒・⌒)ゞ覚えてます。

じゃ、明日動物園で 会いましょう
    ^-^y

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2016年6月10日 (金) 11時45分

いや~
いいですね
こういう出会い!

そして
じぶんで
人生を決める
すばらしいですよ (^^♪
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2016年6月10日 (金) 12時40分

体調は良くなりましたか?
私も調子が悪い日が続いたので
コメントを頂いた方だけ
ブログへ訪問してました。
中学3年の時はバカだったな
タバコに万引きと不良への道を歩み始めた頃だったな
成績も崩れるように落ちていきました・・・
しかし音楽だけはマニアックな物に惹かれていき
フュージョン系にハマってたな。

投稿: せいパパ | 2016年6月10日 (金) 14時22分

こんばんは~ 体調のほうも大丈夫やね~ 良かった!

中学3年の時は最悪で担任と折り合いが悪くてね~
ほんとやりにくい生徒だった思いますね
節目で良い先生に出会わなくて 高校も最悪!(笑)

でもそれがかえって良かったみたい 良い先生ばっかりだと教育のことも考えなかったもんね

昭和49年! 長島が引退したテレビを見て泣いてましたね

それじゃ~ 明日 羽田で再会しましょう~

投稿: テス(nosaman) | 2016年6月10日 (金) 18時42分

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん

この記事書いているといろんなことを思い出します。
忘れていることもあるからアルバムをチェックしたりして、
記憶の整理になりますよ。

今の時代、中高生で煙草吸っているとダサいらしいです(笑)
ファッショナブルな不良が増えましたよね(笑)

投稿: たろ | 2016年6月11日 (土) 05時52分

維真尽(^^♪ さん

いま思うと音楽雑誌を読む勢いで、
勉強していれば、いろんあ知識が身についただろうなぁ
と思いますよ。

投稿: たろ | 2016年6月11日 (土) 05時54分

せいパパさん
体調はすっかりよくなりました
あとは浴びるだけ酒を飲むだけです(笑)

自分は煙草が苦手だったので、
いい子でしたよ。
でも見た目は長髪で汚い中坊でした(笑)

投稿: たろ | 2016年6月11日 (土) 05時56分

テス(nosaman)さん

あとになって先生に言われたことを思いだして、
いい先生だったなぁと思うことはあります。
でも当時はみんなうるさい先生だと思っていました。
この音楽の先生以外はね。

それでは羽田でお会いしましょう!

投稿: たろ | 2016年6月11日 (土) 05時57分

おはようございます。こちらは一足早く帰宅しましたが、昨日は如何でしたか?
私はドボルザークのほうで馴染んでいたので、今更チェコ語がこうだから、という感じにはなれません。調べてみると、クレンペラーのが一枚あっただけです。普通ならケルテスとかなんでしょうが…。

投稿: へるぞう | 2016年6月13日 (月) 05時02分

お早うございます。
中学校でのクラシックとの出会い。分かります。そういういろんな音楽との出会いが自分の音楽人生の基になっているのだと思います。
中学校の時に聞いたレコードや楽器(ギター)が今の僕の音楽生活の原点のような気がします。たろさんのように良い出会いでした。

>できのいい兄に盆暗な次男坊というよくあるパターン。

うちもまったくそうでした(^^;)

投稿: モーツアルト | 2016年6月13日 (月) 07時24分

へるぞうさん
いま羽田空港から自宅に向かうバスの中です
旅にはアクシデントがつきものですね。
無事に今日のうちに帰宅できそうです。
旭川ではホントお世話になりました

投稿: たろ | 2016年6月13日 (月) 23時17分

モーツァルトさん
共通したことが多いようですね。
中学の3年間がいかに大切かということでしょうか。
モーツァルトさんは、できのいい次男坊ですよ👍

投稿: たろ | 2016年6月13日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父の日のプレゼント | トップページ | 旭川旅行記(出発編) »