« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

祖父母への手紙

4月から社会人となった娘は2ヶ月の研修を終え、6月から配属された部署で忙しい日々を送っている。週の半分は地方へ出張。先週は名古屋、豊橋へ。こんなお土産を買ってきてくれた。

毎年夏休みに家族で帰省していたがここ数年は休みが合わず自分だけで帰省することが多くなっている。今年も家族全員での帰省は難しいだろう。

そんなこともあり、娘は祖父母からいただいた就職祝いで購入した仕事用のキャリーバックとビジネスバックを前に写真を撮った。岩手の祖父母に送るという。

Img_5194

「岩手への出張の際は、会いに行くので楽しみにしていてください。」と手紙を書いていた…。

| | コメント (16)

2016年6月27日 (月)

オフ会ロス

前回の記事にあと、└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんからこんなコメントが。

オフ会ロス!に
陥る暇など全くないくらい
ハチャメチャにマジメニ
お互い仕事しているみたいだねぇ。


いやいや、
真面目に仕事はしているが、楽しかった日々のロス感は半端ない。通勤電車内でiPhoneに保存されている写真を眺めては、楽しかった北海道でのことを思い出す。

そんな一週間が過ぎて、普段の日々が戻ってきた週明け、今回大変お世話になった北の住人からレターパックが届いた。

開封してみるとBD&DVD。何から何までありがとうm(._.)m

Img_2607

収録されていたのは、STV(札幌テレビ放送)の特別番組。

前日の交流会からマラソン当日までを撮影した番組だった。走っている自分は残念ながら映ってはいなかったが、あそこで、あの坂でもう少し踏ん張れば、さらに美味しいお酒を飲めたのに…。

オフ会ロスはまだまだ続く…。

| | コメント (18)

2016年6月25日 (土)

旭川旅行記(最終日編)

オフ会から2週間経って、やっと最終日!
(これまでお付き合いありがとうございます)

ハーフマラソンの大惨敗の翌日はホテルから旭川駅裏の河川敷をスタートして約7㎞JOG。JOGのあとはホテルに戻って朝ビール

Img_5094

ホテルのロビーに集合して、朝からcasa blancaさんの楽しいお話しを聞いて、└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん夫妻を待った。そして向かった先は、国士無双で有名な高砂酒造。ここにはなんと酒粕入りソフトクリームが!!

Img_5096_2

もちろんみんなでペロペロwink

S__7381009

そして記念撮影camera 撮影:美和さん(ありがとうです)

S__7381002

次に向かったのは、淳工房!ずっと欲しい欲しいと思っていたグラスをここでゲット!しかもアウトレットで格安で購入!ずっと待ったかいがあった\(^O^)/

Img_8612asaof

自分へのお土産に大満足してから向かった先は道の駅「あさひかわ」。ここで最後の旭川ラーメン(梅光軒の塩ラーメン)をいただくことに。もちろんビールも(^_-)-☆

Img_8623asaof

昼食後、それぞれ昼過ぎの同じ時間帯の飛行機を予約していたため旭川空港に向かった。

ここでcasa blancaさんとお別れ。楽しかったオフ会もこれにて終了!空港内で記念撮影camera 撮影:└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん(お世話になりました)

手荷物検査でひっかかっているcasa blancaさんをみんなで笑いながら見送る。そして我々(テス(nosaman)さんと自分)もそろそろお別れを…。

Img_8627asaof

と思いきや、空港内のフライトインフォメーションに「50分遅れ」の表示gawk
あちゃ〜

Img_8631asaof

それから空港そばのカフェで時間をつぶして、再度空港へ。

あら?空港内でなにやら長蛇の列???
フライトインフォメーションを見上げると、な・な・なんと!!!!

Img_8635asaof

「欠航!!!!」
すぐに手続きをするために並んだが、カフェで時間をつぶしていたこともあり、ほとんど列の最後尾weep

Img_5118

ただ呆然と順番がくるのを待っていても仕方がないので、航空会社へ電話して、取りあえず最終便のチケットに振り返る手続きをとった。(実際のチケットは予約番号を伝えてカウンターでいただきことになる)

上の写真を撮ったときの時間が14時47分。最終便は19時35分。約5時間crying

その知らせを聞いて、なんと└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんご夫妻が空港に戻ってきてくれたlovely
そして、夕食でもと案内してくれたのが、イタリアンレストラン「ココペリ」

Img_5126

山小屋風でとても雰囲気のよいレストラン。窓から見える景色も最高!!外から眺めるとこんな感じ!

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、お薦めのFocaccia(フォカッチャ)、生ハムをいただきながら、まずはGrappa(グラッパ)で乾杯!

Img_8639asaof

Img_5131

Img_5132

さらにビール!

Img_8641asaof

欠航になったおかげで、美味しい料理とお酒をいただくことができ大満足!

Img_5142

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、美和さんに再々度空港まで送っていただき、今度こそお別れ!大変お世話になりました!

最終便も30〜40分遅れたが無事搭乗。大阪からのテス(nosaman)さんはこの日は羽田空港に宿泊し、翌朝帰ることに。

今回の欠航により航空会社から、飲食代(2千円)、テス(nosaman)さんは宿泊代(1万円)の支給があった。

Img_5119

ようやく羽田に到着したのが、22時18分

Img_5146

空港内で手荷物を預けたテス(nosaman)さんとお別れし、リムジンバスに乗って帰宅。自宅にたどり着いた時は日付が変わっていた。

帰宅後、淳工房で購入したグラスで一杯。長くて楽しい一日がようやく終わった。

Img_5155

最後に、今回大変お世話になった└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんご夫妻に感謝感謝!!ありがとうございました。

そして楽しい話題で盛り上げてくれたテス(nosaman)さん、casa blancaさん、料理担当のへるぞうさん、本当にありがとうございました。次回のオフ会ではパーティーの際の生演奏で恩返しさせていただきますので、どうぞよろしくですm(._.)m

あ〜、楽しかったhappy02

| | コメント (16)

2016年6月23日 (木)

旭川旅行記(丘のまち編)

今回みんなが「心洗われた!」美瑛の景色。その美くしさを文字で表現するよりこちらをご覧ください。

ハーフマラソンの疲れもぶっ飛び、年甲斐もなくこんな写真まで…(笑)

そしてこの日の夜は、└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんご夫妻の最上級のおもてなし。ごちそうさまでしたgood

| | コメント (20)

2016年6月21日 (火)

旭川旅行記(ハーフマラソン編)

北海道2日目は「びえいヘルシーマラソン2016(ハーフ)」に参加。

これまで函館、札幌、室蘭、帯広、北見(網走)と北海道へは何度も行ったことがあるが、その中でも美瑛は一番好きな場所。そんな場所を走れる大会があるということで、2年前からずっとチャンスを狙っていた。今回、オフ会の日程をこの大会に合わせてもらいようやく実現することができた。

まずはいきなり結果から、
Time 2:05:16  1294位/2468 大惨敗(笑)

一番の原因は、ハーフをなめていたこと。

最近ハーフの大会に出ていないものも、今年3回ほど月例湘南マラソンで20㎞を走った実績は1時間40分前後。距離は1キロあまり足りないものの、1時間45分以内でゴールできるとタカをくくっていた。しかも今回は後半に上り坂があるが基本下りばかりのコース。その油断から、「なんとかなるさ!」と練習もせずにのぞんでしまった。しかも前日には飲酒。(自己責任)

スタート地点は白金温泉。続々とランナーがスタート地点に並び始める。そして午前11時号砲とともにスタート


5㎞ごとのTime

〜05㎞ 24:14
自分としてはかなり速いペース。下り坂のため否が応でもスピードがでてしまうが、このペースでもドンドン抜かされてしまった。


〜10㎞ 25:44
いつものペースに。でもなんだか調子が悪いと感じ始める。
10㎞のタイムが、49分58秒(予定通り)

10㎞すぎに撮った写真がこちら
一線に並んだランナー、まだ雪が残った大雪山、十勝岳が美し過ぎる。キレイな景色にみとれて撮影のため、ここで走るのをやめ、歩いてしまう。

撮影後にふたたび走り始めたが、なんか足が前に出ない。スタートしてしばらくはかなりの下り坂が続くが、画像を見てお分かりの通り、この付近になると平坦なコースが上り坂に感じてしまう。そしてまもなく唯一の上り坂へという手前で、またしても立ち止まり歩いてしまった。上り坂の途中で増田明美さんがハイタッチしているのが見えてきた。

走らなければ!でも走れない。

結局、歩きながら増田明美さんハイタッチ!当然パワー注入できず(泣)そして、やっとのことで上り坂のてっぺんに到着!

この5㎞のラップは、 〜15㎞ 30:21 タイム1時間20分(残り6㎞)

PB更新はなんとか大丈夫だろう。そう思ったが、ここからがさらにひどかった。気温が高かったこともあり、異常に喉が乾き、水分を求めてしまう。でも給水所はまだまだ先(泣)

この間、救急車とすれ違った。救急隊員に体を支えられているランナーもいた。前日の飲酒が原因で自分も脱水症状で運ばれるかもしれないとマイナスなことばかり考えながら走っていた。おそらく17㎞付近だったとおもう。農業用水?を見つけて頭から水をかぶった。本当は飲みたかったが我慢した。それからは歩いたり、走ったりの繰り返し。ゴール地点のトラック内では人目があるのでなんとか走ったが、走り切ったという充実感などないままゴール。そこで増田明美さんと再会。

記念に写真を撮らせていただいたが、自分もほとんど写っていないツーショット写真(泣)

〜20㎞ 37:55
〜フィニッシュ 07:02

北の大地を爽やかに走り抜けたかったが、悔いの残る結果になってしまった。残念!

| | コメント (14)

2016年6月20日 (月)

旭川旅行記(BBQ編)

動物園で楽しんだあと、さらに楽しいひと時が待っていた。

└|∵|┐高忠┌|∵|┘家でのBBQだ。火起こしは└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんとへるぞうさん。さらにクズ野菜を使って鉄板を準備。美和さんは準備と下ごしらえなどで大変だったと思う。そして食べるだけでなにもしない自分。ごめんなさいm(._.)m

Img_4972_3

昨年に引き続き、テス(nosaman)さんがミスジ肉を大阪から差し入れ。ミスジはご存じのとおり牛一頭からほんの少ししか取れない希少な肉。我が家では絶対に食べられない高級肉。写真はツブ貝

みんな楽しいそう

Img_4981

日が沈んでからは、リビングで飲み直し。日本酒抱えたへるぞうさん

Img_4996

今月誕生日のcasa blancaさんにサプライズな出来事。おめでとうございます。
ところで画像(矢印)の方はどなたですか?心霊写真じゃないですよね(笑)

Img_5005

そして、これが└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんの出汁巻き。初めていただきました。ウマイ👍

Img_4997

そういえば、ホテルまでどうやって帰ったか覚えていない。そんなに飲んでいなかったはずなのに…。(笑)

次回、びえいヘルシーマラソン編に続く

(やっと1日目が終わった)

| | コメント (10)

2016年6月17日 (金)

旭川旅行記(旭山動物園編)

Dsc02333

10年前に訪れた旭山動物園の画像。今回、2度目となるが、上の画像を見ると観覧車があることに気がついた。今回撮影した写真はこちらの画像

やっぱり観覧車がない!そういえば、以前は遊園地があったはず!!気になりググってみると老朽化を理由に2007年10月に廃園なったようだ。

そんななつかしい動物園で今回訪れたみんなと集合写真camera

Img_5152_2

左から、└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、自分、casa blancaさん、へるぞうさん、美和さん、写真撮影はテス(nosaman)さん
集合写真にテス(nosaman)さんが写っていないので、ここで登場!!※閲覧注意(笑)

今回2度目の旭山動物園では、密かに人間ウォッチング!

ペンギンを眺めている└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんご夫妻とcasa blancaさんだが、実はここは、ペンギンを眺めている人間をを観察できる場所なのだ(笑)

P6110569

アザラシが氷の穴から顔を出すイメージで作られたシールズアイでの、テス(nosaman)さん、へるぞうさんのツーショット!

P6110577

園内通路に横たわる男の子。フラッシュモブでも始まりそう(笑)

P6110590_1

動物だけでなく、人間も観察する面白い。動物園で楽しんだあと、いったんホテルにチェックインして、BBQの会場となる└|∵|┐高忠┌|∵|┘家へ。

BBQまでをアップしようかと思っていたが、ここで時間切れ(^0^;)
(次回に続く)

最後に今回記事を書く際に昔の写真を眺めていたら、こんななつかしい写真があった。

Dsc02351

2012年に閉店した『エスタ』。今年秋には『西武』も閉店するらしい。

Dsc02349

ちなみに、現在駅前にはイオンモール旭川駅前が開業している。

| | コメント (16)

2016年6月15日 (水)

旭川旅行記(旭川クロスロード編)

(前回の予告から、ちょいとハズレます)

1年ぶりの再会は、旭川のクロスロード

クロスロードといえば、ミシシッピ州クラークスデールの国道61号線と国道49号線が交わる十字路のことで、ロバート・ジョンソンがブルースのギターテクニックを手に入れるために悪魔に魂を売り渡したと言われている場所。

01_crossroads

ラーメンの達人になりたいのなら、昼の1時間過ぎに十字路に行ってみんなでラーメンを食べるんだ。そうすると『北の住人』がやってきてラーメンを取り上げる。そうして彼がスープをひと飲みしてしてから返してくれる。その時からすべてのラーメンを知り尽くす男になるんだ。

そしてこここが悪魔に魂を売った旭川クロスロード(笑)

20160615_63632_2

北海道旭川と言えば「旭川ラーメン」。まずは創業昭和25年の「特一番」でご当地ラーメンを堪能。

Img_4961

旭川ラーメンの特徴と言えばWスープ。初めて食べたのは新横浜ラーメン博物館「蜂屋」だった。なつかしく、ちょっと焦げた感のあるスープにすぐに虜になった。そして今回本場の旭川ラーメンをいただくことができて大満足。

次回、こんどこそ動物園・BBQ編へ続く

| | コメント (16)

2016年6月14日 (火)

旭川旅行記(出発編)

先週土曜日から、いろいろあった昨日までの3日間、└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんご夫婦の最上級のおもてなしにまずは感謝しつつ、今回の2泊3日北海道の旅を記録しようと思う。

まずは6/11(土)から
朝目覚めてパソコンを立ち上げると、愛知県に住むへるぞうさんがすでに最寄りの空港に到着していた。彼は今回は仕事が忙しいため、残念ながら1泊2日の旅程。

香川からcasa blancaさんも参加。忘れ物などいろいろあったようだが7時過ぎに無事に羽田空港行きの飛行機に搭乗。LINEのやりとりが超リアル!

大阪からはテス(nosaman)さんが参加。午前8時半、空港内で優雅にモーニング。肉大好きのテス(nosaman)さんは朝からハムカツサンド。さすがです(笑)

自分は8時半、最寄りの駅からリムジンバスで羽田空港へ。バスに乗車中にへるぞうさんより無事に新千歳空港に到着の連絡あり。は・や・い(゜o゜;

そして今回のホスト、ホステス役を引き受けてくれた└|∵|┐高忠┌|∵|┘家では、へるぞうさんの昼食を準備。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんはへるぞうさんを迎えに旭川駅へ、奥様の美和さんが自分達を迎えに旭川空港へ。

そして旭川ラーメンを食べたあと旭山動物園で約1年ぶりの再会をする。

機内では、シロクマくんがお出迎え\(^O^)/

Img_0627

(次回、旭山動物園、のちのBBQへ続く)

| | コメント (16)

2016年6月10日 (金)

自分の音楽史(1974年) その1

1974年(昭和49年) -中学3年-

田舎の中学生といえども、3年生になれば否が応でも高校進学のことを考えなければならない時期。そんな時期に勉強などしないでレコードやカセットテープを聴きながらギターばかり弾いているバカな自分。両親からは「高校に入れなかったらどうするの!」と毎日叱られていたような記憶がある。教科書を読むより「ミュージックライフ」を読んいる時間の方がはるかに長かった。しかも何度も読み返すから、その当時の記事の内容は脳裏に焼き付いている。自分の人生はこの中学3年間で決まったのだと思う。ちなみにひとつ上の兄は、にスンナリ進学校に入学。できのいい兄に盆暗な次男坊というよくあるパターン。

この年に実はクラシック音楽にも興味を持ち始めた。きっかけになったのは音楽の教科書に載っていたドヴォルジャークの「家路(注)」。

注:正式にはドヴォルジャーク作曲交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」の第2楽章 Largoの一部の旋律のことで、このイングリッシュホルンの旋律に歌詞をつけたものを『家路』というらしい)

81bgduw32sl_sl1500_
注:当時購入したレコードは廃盤になっていたので実際に購入したものではありません

この「家路」を教材に音楽の先生に簡単な和声を教えてもらうことになる。ギターコードが載っていない譜面でも調と旋律さえ書いてあれば、ギターコードを付けられるようになったのはこの音楽の先生のおかげである。そしてこの音楽の先生は実は英語の先生でもあったことが、さらに洋楽を好きになっていった理由でもあった。

ほかの教科の先生の顔と名前は忘れても、この音楽(英語)の先生のことはいまでもハッキリ覚えている。

(次回、1974年その2に続く)

| | コメント (12)

2016年6月 9日 (木)

父の日のプレゼント

盛岡から更新。昨日、仙台で仕事だったため、仕事を終えてから両親の住む盛岡に向かい1泊してきた。父の日も近いため、父親が欲しがっていた腕時計でもプレゼントしようかと思っていたが、なんとすでに自分で購入していた(・_・;

80歳を過ぎても物欲があることに驚く。

Image

しかも立派な国産の時計。1、2万の時計でごまかそうとしていた自分が恥ずかしい(・_・;

| | コメント (16)

2016年6月 7日 (火)

小休止

健康だけが取り柄だと思っていたが、先週の土曜日から風邪のような症状が続き、絶不調な日々が続いている。日曜日は担当するイベントがあったが、なんとか無事に終了。でも体調は悪化するばかり。ここ数ヶ月間、人手不足の穴埋めで長時間労働が続いているが、自分がだめ押しの穴を開けるわけにはいかない。

週末にはブログ仲間と北海道で約1年ぶりに再会するため、なんとか体調を回復させたい。そんな理由でしばらくブログ、SNSは小休止。体調回復に努めます!ごめんなさいm(_ _)m


|

2016年6月 2日 (木)

自分の音楽史(1973年)その2

1973年(昭和48年) -中学2年生- その2

その年に手に入れたグレートなアイテム(ギター、ラジカセ)をフル活用して、勉強もせずどっぷりと音楽漬けの毎日だったような気がする。というかそれしか覚えていない。

そしてブログを書きながら、いろんなことを思い出す。E.ギターを弾くには音を増幅するアンプが必要。そうだ、そうだった!アンプも一緒に手に入れた。縦長のテスコのアンプだった。トレモロは付いていたけどスプリングリバーブは付いていなかった。実はそのアンプは2011年の津波で流されてしまった。本当に残念なことをした。これがそのアンプ!

Pastedimage_2

(画像はネット上からお借りした)ネット上では今でも1万円前後で売り買いされている。

ギターを弾き始めた頃、弦をチョーキング(ピッチベンドともいうが、弦を弾いた後に押弦している指で弦を引っ張り、無段階に音の高さを変えるギターの演奏技法)を用いた演奏法を知らなかったために、「どんなフレーズを弾いても全然ロックっぽくない!」ペケペケサウンド。

チョーキングを知ったのは、音楽情報誌「Guts!」からだった。なんとこの「Guts!」は、ビートルズの解散した日に発行されたというから驚く(゜o゜;

音楽雑誌が大量に出回っていない時代に最新の音楽情報や理論、コピー譜、メロ譜などを紹介してくれたのが、この『guts』だった。その他にも季刊誌「ヤングセンス」という雑誌もあった。

そんな影響もありE.ギターで演奏するのはもっぱら邦楽。チューリップの「心の旅」の間奏や、沢田研二の「危険なふたり」のイントロを弾けるようになるまではそんなに時間はかからなかった。

この年岩手が生んだフォークグループが誕生する。ニュー・サディスティック・ピンク、NSPと言えばピンとくるかもしれない。抒情派フォークの代表のようなイメージを持っている方が多いと思うが、実はE.ギター、E.ベース、生ギターの3人編成でロック調の曲なども演奏していた。ファーストアルバムでは脳天を切り裂くようなギンギンなファズサウンドも聴ける。E.ギター初心者には持ってこいの教材だった。

初めてレコードを購入したのもこの年。EP盤はアルバート・ハモンドの「フリーエレクトリックバンド」。初めてLP盤は、T.Rexの「グレイトヒッツ」。両親のステレオを借りて、すり減るまで聴いた。この「すり減るまで」という表現はよく使われるが、当時はまめにレコード針を変えていなかったせいもあって、本当にすり減ってしまったから笑える。

当時の人気番組「太陽にほえろ!」でマカロニ刑事が殉職したのもこの年の7月だった。

次回1974年(昭和49年)-中学3年-に続く

| | コメント (28)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »