« 祖父母への手紙 | トップページ | MONO No.140 Co-Donguri雫【SHIZUKU】 »

2016年7月 1日 (金)

続・午後の風

午後の風

神宮外苑の銀杏並木が黄色く色づくのはまだまだ先だろう。外苑のお祭りでバイトをしたのはいつだったか…。健一はそんなことを考えながら銀杏並木を歩いていた。

10月1日の会社訪問解禁日になり、第一志望の代々木にある会社を訪問して、そのあとゼミの先生が薦める千駄ヶ谷にある会社に徒歩で向かった。ここはあまり気乗りしない会社だった。

千駄ヶ谷から神宮外苑の銀杏並木に来たのにはもちろん理由があった。午前中、渋谷で研修があったさえから、神宮で待ち合わせして遅いランチでもしようと誘われたからだ。

健一は、「通り沿いのバカ高いオープンテラスのカフェなんかで食事なんてしたら小遣いがなくなってしまうよ!」と断るつもりだっただったが、「お弁当作って行くから一緒に食べよ!」と言われ、それならと神宮まで出かけてきた。

約束の時間より少し早く着いたさえは、銀杏並木の入口にある石垣の前で青山通りを行き来する車を眺めていた。

「遅くなってごめん」
「えっ…。」

見慣れない健一のスーツ姿にちょっと驚くさえだったが、すぐに「感触はどう?」と会社訪問の様子を聞いてきた。

「うん…。」

さえはオープンテラスが正面に見えるベンチを見つけ、「あそこで食べよっ!」
 
L.L.Beanのトートバックからレジャーシートを取り出し、ベンチに敷き、その上にお弁当を広げながら、「その会社って、初任給はいくら?」「社宅とかあるの?」

Top_aoyama_photo

目の前をまったく生活感のない女性が大きな犬を連れて散歩している。白いシャツにブルーのセーターをプロデューサー巻きしている男性、コーヒーカップの横にはBのマークが入ったキーフォルダー。

Images

さえのリアルな質問と目の前の現実離れした風景に戸惑いながら、健一はまだ色づいていないイチョウの木を見上げていた。

|

« 祖父母への手紙 | トップページ | MONO No.140 Co-Donguri雫【SHIZUKU】 »

コメント

おはようございます。
東京は行ったことはあっても住んだことがありませんから、神宮外苑という場所がどんなところなのかは分かりません。ただ最後の一文を読むと、何となく雰囲気が伝わってきますね。

投稿: へるぞう | 2016年7月 1日 (金) 05時21分

へるぞうさん
おはようございます。
神宮外苑はいろんあ思い出がある場所で大好きなところです
東京オリンピックの開催でだいぶ様子が変わってきましたが、
イチョウ並木だけは残るでしょう。
12月にはきれいに色づきます。

投稿: たろ | 2016年7月 1日 (金) 06時17分

なんか懐かしい風景が
さすがに断片的な記憶に
しみ込んでくる。
男はアラタメテ思う
この街を去って三十年
あの子は
幸せに暮らしているのか

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2016年7月 1日 (金) 07時01分

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん
彼女のその後…。
知らない方が幸せかもね(^_-)-☆

投稿: たろ | 2016年7月 1日 (金) 07時11分

たろさん、おはようございます。

神宮外苑に行った時、丁度
イチョウの時期で、興奮して
思わず写真を撮った、
おのぼり都民の杏です(笑)

土地に詳しくないと書けない
情景。
私が書くと、多分舞台は錦糸町。
…なんだか、爽やか感が…無い(^◇^;)

投稿: 杏 | 2016年7月 1日 (金) 08時00分

体調は益々悪くなって来ました。
今日は会社のお金とスタッフの給料を預かってるので
出勤して時間を見て病院に行かせて貰います。
東京の地名を聞いてみ
ピンと来ないけど訪れた時に
ここなんだと思うのが楽しみです。

投稿: せいパパ | 2016年7月 1日 (金) 09時48分

いや~
都会のカップルは
おされですね (^^♪

弁当のおかず気になります
~って 駄目なんでしょうね (*^_^*)


投稿: 維真尽(^^♪ | 2016年7月 1日 (金) 12時38分

杏さん
神宮外苑のイチョウ並木は本当にきれいですよね
興奮するの分かりますよ👍

都民いいなぁ
こっちは神奈川の片田舎だからなぁ
出て行くのにひと苦労です(笑)
錦糸町!いいじゃないですか
高速の下を流れる運河
遠くには花火…。
夏だなぁ〜

投稿: たろ | 2016年7月 2日 (土) 16時37分

せいパパさん
体調思わしくないようですね
しっかり病院で検査してくださいね。
早いうちにね。

体調が良くなったら
是非外苑のイチョウ並木を見てきてください。
きれいですよ
12月上旬です

投稿: たろ | 2016年7月 2日 (土) 16時39分

維真尽(^^♪ さん
田舎ものが都会に憧れて
書くとこんな感じになります(笑)

おかずは定番の唐揚げ!
玉子焼きです(笑)

投稿: たろ | 2016年7月 2日 (土) 16時40分

こんにちは。
神宮外苑は行ったことがあるような、ないような? でも、この小説にピッタリな背景ですね。そこで二人でお弁当を食べてるシーンが目に浮かんできそうです。
こういうテイストの小説は好きです。続きを楽しみにしています。

投稿: モーツアルト | 2016年7月 3日 (日) 11時38分

モーツアルトさん
実は男と女の身勝手さをテーマにしています。

モーツァルトさんのように、
うまく書けませんが、雰囲気だけでも味わってください(笑)

投稿: たろ | 2016年7月 3日 (日) 14時56分

神宮外苑、随分変わっているんでしょうね、
40年前とは。(笑)

状況から、お嬢さんとそのお友達のことかな
なんて思って読んだのですが、男と女の身勝手さが
テーマでしたか。

投稿: casa blanca | 2016年7月 6日 (水) 14時48分

casa blancaさん
変わっているようで、変わっていないですよ
まわりの景色はちょっと変わりましたが、あのイチョウ並木は
学生時代の当時のまんまです。

相手の身勝手な行動が見えてきたとき、
ふたりのなかで、キラキラしたものが消えていってしまう。
そんな些細な言動や行動をテーマにしていました(^0^;)

投稿: たろ | 2016年7月 7日 (木) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祖父母への手紙 | トップページ | MONO No.140 Co-Donguri雫【SHIZUKU】 »