« MONO No.142 MAGFIT | トップページ | 静寂 »

2016年7月17日 (日)

ネオ・ビートルズ・サウンド

ポールのシングルレコードに書いてあった言葉に異常に反応してしまった。

Img_0172

ネオ・ビートルズ・サウンド!!

ネオ (Neo) は、ギリシア語で「新しい」を意味する言葉。英語では、「復活〜」という意味をもつらしい。

ポールの「JET」は、新しいビートルズサウンドという意味なのだろうか?それとも「ビートルズサウンドの復活」を意味するのだろうか?

バタバタしている休日出勤の朝、くだらないことで悩んでいる。

|

« MONO No.142 MAGFIT | トップページ | 静寂 »

コメント

おはようございます。
連休中の休日出勤ご苦労様です。
特に深い意味はないような気がしますが…。クラシックでも、こういった宣伝コピーには大袈裟な言葉を羅列していますから。一例を挙げれば、カルロス・クライバーが指揮したベートーヴェンのレコードに「ここでカルロス、火を吹いた」なんてものがありました。

投稿: へるぞう | 2016年7月17日 (日) 06時45分

なるほど~

JETは~
やはりポールの曲で
しかないように思います

ビートルズサウンドは
やはり
4人のインスパイア~があってこそ
できたものだと思います (=^・^=)

投稿: 維真尽 (^^♪ | 2016年7月17日 (日) 11時37分

日本の宣伝屋が
適当に モッタだけだと思うなぁ
もし、本人が 気がついたら!

今なら 笑って済ませると思うけど
当時なら どうだったろうなぁと
違う 想像に向かう
山の中で迎えた 朝らしい
(^_^)v

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2016年7月18日 (月) 04時37分

へるぞうさん
ビートルズの名を使って売ろうするところが、
気に入りません(笑)
どうせ使うのなら「元ビートルズのポール」でいいような気がします。

>「ここでカルロス、火を吹いた」
えーっ!本当ですかぁ(笑)
これは大ウケです

投稿: たろ | 2016年7月18日 (月) 04時54分

維真尽(^^♪ さん
その通りだと思います。
シングル曲で、この適当な「売り文句」ですから、
当時のLPレコードの帯にはもっと強烈な「売り文句」があったのでしょうね。
帯び、保管しておけばよかったと後悔しております。

投稿: たろ | 2016年7月18日 (月) 04時57分

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん
山の隠れ宿からありがとうございます。
朝ビールでも飲んでおくつろぎください(笑)

当時本人がこのネオ・ビートルズ・サウンドの文字をみたら
カンカンに怒ると思うなぁ

もしかすると、いま見ても怒るかもね(笑)

投稿: たろ | 2016年7月18日 (月) 04時59分

こんばんは。
休日出勤お疲れ様でした

「Neo……」よく使われますが、あまり意味を意識していませんでした。なるほどそういう意味だったのですね。
ポールはやっぱりビートルズで有り続けるのかな? なんて勝手に解釈しています。
そう言えば、リンゴスターも今度来日するらしいですね。

投稿: モーツアルト | 2016年7月18日 (月) 23時03分

モーツァルトさん
3連休ずっと仕事でした。
今週の週末まで続きます(泣)

ネオってあまり意味を気にせずに使っていたような気がします。
ビートルズとして活動していた年月よりも、ポールとして活動している方が長いのに、いつまでも元ビートルズと紹介されることに、本人はどう思っているのでしょうね。

投稿: たろ | 2016年7月19日 (火) 04時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MONO No.142 MAGFIT | トップページ | 静寂 »