« Album Review No.6 宇宙ネコ子「Summer Sunny Blue」 | トップページ | 坂道トレーニング »

2016年8月12日 (金)

自分の音楽史(1974年) その2

1974年(昭和49年) -中学3年-

高校入学のために必死になって受験勉強をしなければならないが、相変わらず音楽にどっぷりつかっていた中学3年生。両親からは「絶対に進学校に入学しろ!」などと言われることはまったくなかったが、さすがにまったく勉強をしない自分をみて、「どこでもいいから高校に入れ!」と言われていた。

そして、夏休みを過ぎ秋になっても勉強しない自分に、焦った両親は人参をぶら下げる作戦に。

「高校受験に合格したらステレオを買ってやるから、少しは勉強しろ!」

その当時リビングには大きなステレオはあったものの、自分が好きな音楽を大音量で聴ける環境ではなかった。
「やった!!自分の部屋でレコードが聴ける!!」
大喜びしたのは、翌月15歳になろうとしていた11月だったと記憶している。


ボブ・ディランは、「偉大なる復活」に収録されている「It's Alright, Ma」を74年のツアーで歌った。「大統領でさえ時には裸で立ち尽くさなければならない」ニクソン大統領がウォーターゲイト事件の責任をとる名目で大統領を辞任。スティービー・ワンダーの「悪夢」もそんな社会状況を反映した曲だった。そんな鬱憤を晴らすためなのかダンスナンバーもよくヒットした。ジョージ・マックレーの「 Your Baby」は懐かしいダンスダンバーだ。

元日本兵・小野田寛郎がフィリピンで30年ぶりに救出
田中首相、辞意を表明
「わが巨人軍は永久に不滅です」(長島茂雄、引退試合後のあいさつ)
かもめのジョナサン
ノストラダムスの大予言(五島勉)
GORO[講談社]創刊
エマニエル夫人

1974年はそんな時代だった。

よく聴いたLP盤はこちら
Rod Stewart / Faces Coast Overture And Beginners
Gordon / Lightfoot Sundown
Slade / Old New Borrowed And Blue
Deep Purple / Burn
Queen / QueenⅡ,
Sheer Heart Attack
Cat Stevens / Buddha And The Chocolate Box
Bad Company / Bad Company
Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard
Jackson Browne / Late For The Sky
John Lennon / Walls And Bridges
King Crimson / Red
The Rolling Stones / It's Only Rock 'N' Roll
Joe Walsh So What

次回、1975年(昭和50年) -高校1年生- に続く。

|

« Album Review No.6 宇宙ネコ子「Summer Sunny Blue」 | トップページ | 坂道トレーニング »

コメント

おはようございます。
そうか、田中角栄が総理を辞めた年だったんですね。
私はまだ小学生で、よく角栄のモノマネをしていました。それから長嶋が引退したのもこの年ですか。巨人ファンでしたが、当時から長嶋はそんなに好きではありませんでした。

投稿: へるぞう | 2016年8月12日 (金) 06時55分

懐かしいねぇ。
って、どれもこれもが
何だけど

特に最後の二つ

婦人とGOROには
(*^^*)お世話になったなぁ。
とか・・・・

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2016年8月12日 (金) 07時05分

へるぞうさん
小田原に向かっています。
電車はガラガラです。みんな夏休みなんですねぇ
長嶋さん、嫌いでしたかぁ
自己アピールの方法が、変わってましたからね。
嫌いな人もいるかもね。
でも偉大な野球選手でした。

投稿: たろ | 2016年8月12日 (金) 07時27分

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん
やっぱり、そこですよね。
YOUTUBEにリンク貼ろうと思いましたが、
朝から鼻血出たら大変なので、やめときました(笑)

投稿: たろ | 2016年8月12日 (金) 07時29分

たろさん、おはようございます。

たろさんが中学生、
へるぞうさんが小学生、
私の両親は高校入学。
いかん…皆さんの歴史に
食い込めない…orzと思いきや、
小野田少尉も長嶋さんの名言も
エマニエル夫人まで(笑)、
詳しくはないけど全部
知っていました(^^)v
下の世代、ちゃんと
受け継いでいます(^_−)−☆

投稿: 杏 | 2016年8月12日 (金) 09時57分

中三ですごい曲を聞いていたんですね。さすが音楽少年。
自分専用のステレオというのも凄い!!
僕はサンヨーのCDラジカセでよくラジオを聞いていました。

エマニエル夫人、衝撃的でした。今でも頭の中に彼女の足を組んだ姿とあのテーマソングがフランス語で聞こえてきます(^^;)

投稿: モーツアルト | 2016年8月12日 (金) 11時59分

私は4歳
物心がつき始めた頃だっただろう。
この頃の音楽は気に入ったアーティストを
掘り下げて聴いてたな。
でもこうして見るときっと売れ線の曲を聴いてたと思う。

投稿: せいパパ | 2016年8月12日 (金) 13時12分

高校を卒業した年、
そういう年だったんですねぇ。
こういう風にまとめておくと
どんな年だったかわかっていいですね。

かもめのジョナサン
エマニエル夫人
読みました~

投稿: casa blanca | 2016年8月12日 (金) 18時09分

杏さん
昔話にお付き合いいただき
ありがとうございます。
歳を取ると昔話を何回もしてしまいますからねぇ(笑)

杏さんの両親は高校入学!
casa blancaさんは高校卒業!
えーっ!!
あらためて驚いています。
でもcasa blancaさんはお若いです

世代は違っても、
文化は受け継いでいるのですね。

投稿: たろ | 2016年8月13日 (土) 05時15分

モーツァルトさん
自分専用のステレオは大学を卒業するまで使っていました。
ネットで画像が残っているかと調べましたが、残念ながら見つかりませんでした。

当時は、エマニエルと単語を見ただけでも興奮していましたよ(笑)
あの曲も妖艶な感じでしたね。フランス語はちょっと色っぽすぎますよね

投稿: たろ | 2016年8月13日 (土) 05時18分

せいパパさん
体調はいかがですか
4歳でしたかぁ
世代の違いを感じますね。
でもいい時代に育っていますよね。

投稿: たろ | 2016年8月13日 (土) 05時19分

casa blancaさん
当時はピントきていませんが…(笑)

かもめのジョナサンを読んだ!
さすがです。
エマニエル夫人も映画ではなく小説を読んだ!
凄い。
映像より活字の方が悶々とするだろうなぁ(笑)

投稿: たろ | 2016年8月13日 (土) 05時21分

かもめのジョナサン!!
カモメの写真に惹かれて買いました!

あっ、
GOROも○○○の写真に魅かれて
買いました( ̄◆ ̄;)

投稿: うだよろし | 2016年8月13日 (土) 19時39分

こんばんは~ ちょうど25歳でした(笑)

長島の引退の日は良く覚えてますね 梅田のビルへ彼女を迎えに行った時でした(笑)
彼女の会社の友達も泣いてましたね~
今もそのビルの前を通ると思い出します♬

ボブディランの曲は覚えてますが・・なんと言っても
「ラヴィン・ユー」と小坂明子の「あなた」ですね 車で良く歌ってましたからね~
かもめのジョナサンは読みましたよ~
エマニエル夫人は映画を見ましたけど・・それほど良い映画じゃなかったですね
「パピヨン」のほうが印象深いですね

投稿: テス(nosaman) | 2016年8月13日 (土) 21時50分

テス(nosaman)さん
25歳!!
バリバリの頃ですね(^_-)-☆

あっ!いまでもバリバリでした(笑)

「ラヴィン・ユー」と「あなた」もこの年でしたかぁ
なつかしいなぁ

「パピヨン」
知ってます!!
とは言ったものの思い出せません(^0^;)

ググって、思い出しました
スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンでしたね

なつかしい!!
もう一度もて観たいです。

投稿: たろ | 2016年8月14日 (日) 03時48分

うだよろしさん
すみません。順番間違えました(^0^;)

かもめのジョナサン、買いましたかぁ
自分はGOROしか買っていません(笑)

実家の屋根裏に隠していたのですが、震災で流されてしまいました(笑)

投稿: たろ | 2016年8月14日 (日) 03時50分

お~
中3からこういうの聴いていたんですね (^_-)

ステレオって響きも
いいですね
じぶんが
ステレオ買ったのは仕事はじめてからですから
それまでは
ほとんど歌謡曲の世界でしたね ^^;

投稿: 維真尽 (^^♪ | 2016年8月16日 (火) 18時07分

維真尽(^^♪ さん
そういえばステレオって言葉は死語かも。
両親は歌謡曲ばかりう聴いていました
青江三奈さんとか(笑)

ステレオはあってもレコードがない!
そんな状況がしばらく続きました(笑)

投稿: たろ | 2016年8月17日 (水) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Album Review No.6 宇宙ネコ子「Summer Sunny Blue」 | トップページ | 坂道トレーニング »