« クルマ購入顛末記 その1 | トップページ | クルマ購入顛末記 その3 »

2017年5月29日 (月)

クルマ購入顛末記 その2

イケメン登場で浮かれる我が家の女性陣。
クルマを駐車スペースに停めて、クルマを降りる自分。すかさずイケメンが「ご来店ありがとうございます。」

「先週も一度来ているけど、現物(ラ●ン)を見ていないので、娘を連れて来ました。ある?」

「???」

「ラ●ンです。」

「しょ、しょ、しょ、少々お待ちください(^0^;)」とその場を離れる。なにやら先輩営業マンと話している様子。そして、

「あ、あ、あのぅ〜、中古のて、て、展示車しかな、な、ないのですが…(^0^;)(^0^;)」
「え゛ーっ!新車ないの?」
「は、はい!中古なら2台あります…。」

この時点で我が家のテンションは急降下↓

「それなら、中古でいいから見せてください」

「は、はい、ちゅ、ちゅ,中古で、い、いいですか?」

「ん?だって中古しかないんでしょ(Anger)」

そんな会話をしているなか、早速女性陣は展示車のドアを開けて車内に乗り込んでいた。本命のクルマなのにどちらも浮かない顔。

気に入っていたダッシュボードのテーブルもなんか安っぽい。事故ったらぺしゃんこになりそう。(軽自動者安全ランキングのTOP10にランクインしていません。サイドエアバックがない)

「いかがですか?」

「ん?」(いかがも何もない。商品説明は?セールストークになっていない)

「いま、どれぐらい値引きしているの?」

「3万円ぐらいです!」

「え゛ーっ!3万だけ??」

まるでお話にならず、売ろうという意欲もまったくなし。3人にで顔を見合わせて、言葉に出さず、「帰ろう」のサイン。

「あっ、そうですか。わかりました。」と帰り仕度。

するとイケメン営業マンは、元気よく「ありがとうございました。またのご来店をお待ちしています!」だって…。

体育の授業で苦手なサッカーの最中、自分のところにボールが飛んでこないように祈っている運動音痴の中学生みたいな営業マンだった。先輩営業マンもしっかり面倒みないとね!

と言うわけで、本命のラ●ンはなしに決定!すぐにHONDAに行ったら足元見られるから、すぐには行かずスーパーに向かった。

(次回に続く)

|

« クルマ購入顛末記 その1 | トップページ | クルマ購入顛末記 その3 »