« MONO No161 レターペン COCOIRO | トップページ | 今年のGW »

2017年5月 5日 (金)

LAMYサファリの中身を日本製に交換する最も簡単な方法

LAMYサファリ ローラーボールペンの中身を日本製の「三菱鉛筆 ジェットストリーム」や「パイロット フリクションインキボールペン」のリフィルに変えて使用している人は多い。ネット上ではそんな規格が合わないインクリフィルをあの手この手で改造して、LAMYの外側を生かしつつ、ジャパン仕様に変えてしまう方法がアップされている。

今回紹介する方法は、最も簡単でしかも数種類の異なるリフィルに使用できる画期的なもの。ネットで検索してもこの方法で改造している人はいないよう。

用意するMONO:ブリックパックに付いているストロー、ハサミまたはカッターのみ

Img_2982

純正のものとジェットストリームを比べると長さが短いことがわかる

Img_2980

この長さを調整するのが、今回のストロー。まずはここの部分をカット。注意することは、少し長めにカットするということ。後で記述するが、切った部分は他のリフィルで再利用するため。

Img_2985

①ストローをふたつに分ける

Img_2986

②長い半透明な方のこの部分をカット

Img_2987

③カットしたこの部分を使用

Img_2988

④ジェットストリームのリフィルに取り付ける

Img_2989

⑤本体に差し込んで

Img_2990

⑥ハイ!改造終了!

Img_2991

さらに最初にカットした白いストローは、なんとフリクション(キャップ式・ノック式共通)0.5の専用替え芯にとりつけることでLAMYに使用可能!

注:この長さにカットすると短いので、もう少し長めにカットしてください。

Img_2992

本体に差し込んでこちらも使用OK

Img_2993

ブリックパックのストローでLAMYサファリローラーボールペンを日本製のリフィルに交換する最も簡単な方法のご紹介でした。

|

« MONO No161 レターペン COCOIRO | トップページ | 今年のGW »