« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月29日 (火)

北海道マラソンを走り終えて

唯一真夏に開催される北海道マラソン。暑さに弱い自分がこのフルマラソンを無事に走りきることができるのか、ずっと不安を抱えたまま数ヶ月間、練習を続けてきた。レース当日の天候にも左右されるし、体調もその日になってみなければわからない。でももうひとつのランニングブログで知り合った若いランナーから励まされながら何とか怪我をすることなく本番を迎えることができた。あとはやるしかない!そんな思いでレース当日スタート地点に立った。スタート1分前、テレビ塔のカウントダウンが始まる。3,2,1,スタート!いよいよスタート。今回はどんなドラマが待っているのだろう。なぜだか涙が流れた。そして全身に鳥肌が立ち、全身が震えた。眠い目を擦りながら、家族を起こさないように早朝ランニングに出かけたこと、雨風の中を練習したこと、通勤電車では眠りこけて乗り越したこともしばしば。それもこれもこの日を無事に走りきるため。あとは42.195㎞の距離を淡々と自分のペースを刻むだけ。よく走っている時に何を考えているの?と聞かれる。自分の場合は、ただ予定したペースで走れているかを気にするだけで、あとは何も考えていない。42㎞、約4時間弱、頭の中はそれだけ。ゴールが近づくとフィニッシュタイムを気にはするが。コースの最大の難所と言われている新川通も予定したペースよりも若干速いタイムで走りきることができた。この大会では給水所では必ず頭から水をかぶり、身体を冷やすことを心掛けた。スポンジは手に持ちながら走った。おかげで暑さを克服することが出来たと思っている。そしてレース終盤まで自分のペースを維持することができ、無事にゴール。ゴール後は歩くこともままならない状態だったが、ボランティアスタッフのお疲れ様!お帰りなさい!のひとこと一言が嬉しくて、ここでも涙が止まらなかった。そして完走を喜んでくれる家族、友人、ラン仲間たち。アラカン世代、社会で生きていく目標を失っている人も多いと思う。自分もその一人なのかもしれない。でも自分には一緒に走ってくれる家族や仲間、応援してくれる友人がいる。ここには間違いなく自分の居場所がある。
Keep on Running
いま仙台に向かっている。隣国からミサイルが発射された朝。都心に向かう車内はいつもと変わらない様子のサラリーマンであふれている。

|

2017年8月25日 (金)

いよいよ明後日、真夏のフルマラソンに挑戦!

暑さに弱いランナーが明後日、真夏のフルマラソンに挑戦する。暑さのため大撃沈した4月のかすみがうらマラソンから今日までの約4ヶ月間は、早朝JOG中心でライフスタイルも大きく変わった。

20170825_61805

4月225.08㎞
5月260.66㎞
6月224.40㎞
7月184.49㎞
8月209.24㎞

7月は休日出勤も多く、200㎞を下回ってしまったが、今月も日曜日にフルを走れば、250㎞を超えることになる。フルを走り切れればの話しだが…。

北海道マラソンの制限時間は5時間。最近のフルマラソンでは制限時間が7時間〜8時間という大会も多くなっているなか、制限時間5時間というのは、東京マラソンなどのようににわかランナーが冷やかしで走れるものではない。ある意味「ガチな大会」。暑さにやられて途中走れなくなってしまえば、間違いなく収容車に回収されてしまうだろう。

そんなガチな大会だが、5月に仙台国際ハーフマラソンを一緒に走った仲間二人と、先月大井夏マラソンの駅伝大会に一緒に参加したランナーとともに明日札幌入りする。前日には北海道在住のチームメイトも加わり食事会、当日は走り終えたところでテレビ塔の芝生を陣取り青空宴会で盛り上がる予定だ。

そんな走り終えたあとのビールを楽しみにこれまでの練習の成果を120%出し切りたいと思っている。

ちなみにこの大会は、「東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会」を兼ねており、BSフジ(朝8:58から)で生中継テレビ放送予定。頑張って、アラカン部門の日本代表として東京オリンピックにでも出場するか(笑)

|

2017年8月21日 (月)

キリンめんギフト

へるぞうさんからいただいたお土産は「キリンめんギフト」。キリンラーメンは地元愛知県では知らない人はいないというほどのソウルフードらしい。

週末、蒸し鶏とゆで卵をトッピング、茅乃舎だしで、冷やしきしめんにしていただいた。

Img_9109

蒸し暑い夏、そうめんをツルツルいただくのもいいが、きしめんの方が食べ応えがあって腹持ちすると思う。

来週に迫った「北海道マラソン」前に、炭水化物の割合を多くしてエネルギーを貯めこむ「カーボローディング」にはうってつけかもしれない。

ナイスなお土産ありがとうございました。

|

2017年8月15日 (火)

MONO No163 shupua(シュプア)

先日、杏さんからいただいたshupua(シュプア)の紹介。
こちらがそのshupua(シュプア)

Img_9066

画像をアップしても、どれがshupua(シュプア)か、これじゃ分からない(^0^;)
柿ピーの右上のグラスがそれ!!

一見、ただのグラスにしか見えないが、実はガラスのようだけど、柔らかいシリコーン製で作られたグラス。つまり落としても割れない!!

ここ最近、背の高いグラスで飲んでいると,酔っ払ってグラスを倒すことがしばしば。(ボケたせいかも)
グラスからこぼれた液体は拭けばナントでもなるが、食器に当たって割れると厄介!このshupua(シュプア)であれば、そんな危機を回避できる。

是非、その素晴らしさを動画でご確認くださいませ。

自分のような年寄りだけでなく、小さなお子様がいるお宅では大活躍かも。マラソンを走り切ったあとの青空宴会では、これがあると便利かも(^-^)g""

杏さん、ありがとうございました。

| | コメント (11)

2017年8月14日 (月)

暑気払い in YOKOHAMA

久しぶりの更新(^0^;)

へるぞうさんが横浜に遊びにくるというので、杏さんもお誘いして、桜木町でランチ!。そんな横浜みなとみらいエリアは『ピカチュウ大量発生チュウ!』

そして横浜みなとみらいエリアは初めて10㎞の大会に参加した思い出の場所。せっかくなので待ち合わせの時間前にちょっとJOG。10㎞を走ろうと思ったが、人が多すぎて思ったように走れず、さらに雨が強くなってきたので9㎞で断念。

20170814_155644

ランステーション「横浜みなとみらいスポーツパーク」から大桟橋経由で山下公園までの往復。大桟橋の先っちょでは海風が気持ちよかったぁ。

こちらで走った軌跡を見ることができます。


ランステでシャワーを浴びて、待ち合わせ場所の桜木町へ。電車を降りると駅のホームも駅前もピカチュウだらけ。人出もハンパない。

Img_9043_2

そんな中、無事に再会!「お久しぶりです!!」そして、早速、お店へ移動。

今回はピカチュウのイベント真っ只中のため、ランチの予約がなかなか取れず、駅前の台湾料理「青龍門」でなんとか予約を取ることができた。メニューが限られていたので、選択肢が少なくてご免なさい。

そして恒例の記念撮影

この3人、まわりから見るとどう見えるんだろう?

学校の先輩後輩?それにしては歳が離れすぎている(^0^;)
親戚同士?でも親戚が集まっても、店員に写真を撮ってもらはないかも(笑)

父娘(似てないけどね)+親戚のおっちゃんって感じかも。

まぁ、そんなことは、こっちに置いておいて再会を祝って乾杯!!

Img_90452
杏さんはソフトドリンクね(^_-)-☆

今年のオフ会は金沢!と決めていたけど、いろいろあって今回は見送り。でもこうして再会できてうれしいし、みんな元気なのがなにより一番!

ランチのあと、スタバでおしゃべりして、あっという間の2時間あまり。電車に乗る前に、歩道橋で記念撮影。

Img_90642 Img_90622

杏さんとは京浜東北線の車内でお別れ、へるぞうさんは東海道線に乗り換えて帰路へ。また新年会で!

へるぞうさん、杏さん、お土産ありがとうございました。

| | コメント (10)

2017年8月 1日 (火)

暑い夏に、熱くてすみません。

気がつけばもう8月。5月から7月まで異常なぐらい走った。朝は4時前に起床。5時半には走り終えて戻って来ないと何もできない。JOG記録は残しておきたいので、こちらのブログはおろそかになり、皆さんの所へも遊びに行けないことがしばしば。朝の通勤電車では爆睡。昼食はサッサとすませ、30分は寝る。帰宅の電車内でもウトウト。それもこれも今月末にある北海道マラソンを無事に完走したいため。真夏のフルマラソンで有名なこの大会は全国からランナーが集まる。航空券代、宿泊費、エントリー費用を合わせれば、6万以上もかかる。完走できずに歩いてゴールなんてしたくない。札幌の街を散歩するために行くわけではない!先月はクロカン練習もした。滅多にしないスピ練もやった。その仕上げが先週末に参加した「東京大井夏マラソン(駅伝)」大会だった。フルマラソンの距離を5人で襷をつないで走る大会。一緒に走った仲間は自分よりも年下。いつもお世話になっているチームからはガチチームと、フリーチームに分かれて10名が参加。その中で自分はダントツの最年長。迷惑を掛けるわけにはいかない。夏の大会ということもあり、熱中症も心配される。運営側からは、再三「無理だけは絶対しないでください。特に駅伝に参加する方は!!」とくどいぐらいアナウンスがある。自分は第3走者に決定。キロ3分台〜4分前半のタイムで走るメンバーのなか、自分はうまく走れてもキロ4分半。人生初の襷を受け取った時の緊張は今でも忘れられない。頑張らないと!でも頑張りすぎて途中で失速、さらに襷をつなぐことができなかったら…。そんな思いが交差するなか、懸命に走った。最後は意識は朦朧。襷をつないだ瞬間、仲間からの「ナイスラン!」というかけ声で我に返った。結果は、なんと第4位。5人でつないだ襷のタイムは、2時間56分40秒。サブ3達成!ガチチームは第3位入賞。素晴らしい経験をさせていただいた。参加することに躊躇していた自分の背中を押してくれた仲間に感謝、感謝。

『練習しなかったら、フルマラソンはつらいだけの拷問。』
『練習をやれるということはそれだけ強いということ。やれない人はやっぱり弱いんですよ』

瀬古利彦さん、Qちゃんの2人の“レジェンド”が語るマイ・ルールが心に突き刺さる。あと1ヶ月、もう少し頑張ってみよう。

P7291239

|

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »