« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

11月の近況報告

9月から続いていた土日のイベントも一段落し、12月に2回あるイベントを切り盛りすればなんとか今年も締めくくれそうだ。ただやはり歳だなぁと思い知らされたことが2度ほどあった。今月は中旬に疲労がたまり体調を崩して仕事を休んでしまった。そして今週も急に寒さが本格化したため、風邪をこじらせてしまった。そして今月2度目の休み。無理はできない身体になって来ていることは確かだ。そんな中、今月も200kmを走ってしまった。体調を崩したのは勝手に仕事のせいにしているが、よくよく考えれば、走っていることに無理があるのかもしれない。自分はまだ大丈夫だ!という過信が一番よくないのは理解しているつもりだが、そう思いたくないと決めつけているところが、もう既に歳を取った証拠なのだろう。そんななか明日、5年連続5回目の湘南国際マラソン(フル)を走る。さすがにベストな状況ではないので、大人しく走るつもりだが、スタート地点に立ってしまうと、また頑張ってしまうのだろう。そんな17日目のフルマラソン、そして50代最後のフルマラソンをとにかく楽しんで走ろうと思う。

20191130-171426

| | コメント (2)

2019年11月 6日 (水)

10月の近況報告

フルマラソン16戦目は先月27日に故郷岩手(盛岡)で行われた「いわて盛岡シティマラソン」だった。今回は圏央道、東北自動車道を使って家族みんなで車で盛岡入り。2011年の震災の翌年に家族で帰省して以来なのでかなり久しぶり。娘が小さい頃は夏休みには必ず車で帰省していたのが懐かしい。長距離ドライブには欠かせなかった音楽もハード面でだいぶ進化してきた。カセットテープからMD、CD、そしてiPodに保存した音楽をFMトランスミッターを使ってカーラジオ(FM)から流していた時期もあった。いまではスマホに保存している音楽や、Spotifyからダウンロードした曲をBluetoothを使って聴いていたりする時代になった。音は悪いけどSDカードも使えるし。

盛岡入りして翌日は朝早く起きてマラソンのスタート地点の岩手大学へ一人で向かった。盛岡駅からシャトルバスも出ていたが、あるいても25分ぐらいなので、軽快な音楽を聴きながら会場入り。青森、福島、東京からエントリーしたラン友と待ち合わせしてスタート前に気合をいれる。当日は日射しもなく、気温は少し寒いぐらいの絶好のマラソン日和。9時に号砲がなり、いつもより遅いペース走るつもりがAブロックからのスタートということもあり、周りは4分30秒ぐらいのペースで進む。そんなペースで走ったら42㎞はもたないとひとりペースを落として走った。しばらくすると3時間30分のペーサーを見つける。このペーサーについていければグロスで3時間半カットが出来る。そこから30kmほどずっとペーサーの真後ろを走った。途中25km付近から始まる登坂では少し離されてしまったが下りで再度追いつくことができた。35km付近でペーサーがペースを落としはじめる。2分ほど貯金があるので少しペースを落とすとのこと。まだ余裕があったので、そこからペーサーの前に出てゴールを目指した。ペースが落ちなければ、3時間28分を切って自己ベスト。さらにグロスでも3時間半を切ることができる。グロスで3時間半を切りたい理由があった。毎年2月に行われる『大分別府マラソン』の出場資格を得られるからだ。来年2月のエントリーは既に締め切られているため、再来年の大会にエントリーが可能となる。そんな夢のような舞台を走りたいという思いが、最後までほぼイーブンペースで走れた理由だったのかもしれない。ゴールしてみれば、3時間27分56秒と自己記録を更新。グロスタイムでは4分ぐらい更新したことになる。9月に足を痛め、ほとんど走れなかったが、10月はほぼ毎朝3時半起き、4時には自宅をスタート。ヘッドライトを手に持って起伏のあるコースを走り続けた。なんでこんなことしているんだろう?なんて一度も思わなかった。とにかく日頃から走っていないと、走り続けていないとフルマラソンは辛いばかりで地獄を味わってしまうことになる。PBを更新した瞬間、そんな辛い練習なんか吹っ飛んでしまうぐらいこの上ない達成感が得られる。それが病みつきになっているのかもしれない。

2泊3日の短い帰省だったが、両親にもいろんな報告が出来て、少しは親孝行できたかなと思っている。次回の帰省は年明けになると思うがそれまで元気で過ごして欲しいと願っている。

456   

|

« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »