running

2017年12月 4日 (月)

第12回湘南国際マラソンの結果

昨日(12/3)は、3年連続3回目の「湘南国際マラソン」にくるたんママと出場してきた。10月の「横浜マラソン」が中止になったので、今シーズンの初戦ということになる。目標はズバリ「3時間半切り」
そのための練習も積んできたつもりだったが、結果は未達成に終わった。パーソナルベストは更新したが、やっぱり悔しい。1㎞を4分58秒でフルマラソンの距離を走るにはまだまだ修行が足りていないということ。次回のフルマラソンは4年連続4回目の出場となる3月の「板橋Cityマラソン」。走る日々はまだまだ続く。

第12回湘南国際マラソン結果
ネットタイム: 3時間38分25秒
グロスタイム: 3時間41分45秒

Img_0601

ネットタイム:スタートライン通過からフィニッシュライン通過までに要したタイムのこと
グロスタイム:スタートの号砲が鳴ってからフィニッシュラインを通過するまでの時間。

走り終えてTEAMのメンバーと青空宴会。昨日は暖かくて絶好の青空宴会日和だった。

2

|

2017年11月 1日 (水)

横浜マラソン中止に伴うランナーへのメッセージ

台風のため中止になった横浜マラソン。昨日、『27日(金)・28日(土)に「受付をされた」ランナーの皆様』へというメッセージがHPにアップされた。

内容は、

1 出走記念タオルについて
11月中にお手元に届くように順次郵送をさせていただきますので、楽しみにお待ちください。

2 計測タグについて
計測タグにつきましては、今回、出走記念タオルをご郵送させていただく際に、回収用の封筒を同封させていただきますので、ご返送にご協力くださいますようお願い申し上げます。

3 「横浜マラソン2018」大会への出走について
次回大会の「横浜マラソン2018」に走っていただきたいと考え、優先的に出走権(希望制・有料)をお渡ししたいと思います。

4 完走記念メダルについて
「横浜マラソン2017」の完走記念メダルにつきましては、次回大会の「横浜マラソン2018」にエントリーし、出走していただければ、完走された際に「横浜マラソン2018」の完走メダルと一緒にランナーの皆様にお渡しします。

対応の遅さから、いろいろ叩かれているが、今回のこの対応には驚いた。特に来年の出走権については神対応かと思うのだが…。
でもやっぱり、走りたかったぁ〜。

|

2017年10月28日 (土)

横浜マラソン中止!

最悪な結果になった。明日開催予定だった「横浜マラソン」は台風の影響により中止が決定。

20171028_170937

走る人だけではなく、強風の中、首都高の上でずっとボランティアをする皆さんの安全も確保しなければいけないので、運営サイドも苦渋の決断だったと思う。

気持を切り替えて、次に進もうと思います。

|

2017年10月26日 (木)

台風が心配

横浜マラソンを3日後に控えているが、当日の天候は雨らしい。運が悪ければ台風の中を走ることになるかもしれない。最悪なのは、台風による『大会中止』

中止だけは勘弁してもらいたい。この日のために頑張ってきたのだから。この半年の月ごとの走行距離はほぼ200㎞越え。

20171026_70112

今月は既に200㎞を超えている。車の1ヶ月の走行距離より走っているw

20171026_65818_2

昨日は早朝にくるたんママと一緒に坂トレ10㎞、夜は近所のスポーツセンターでトレッドミルで11㎞を走った。老体にムチ打っての2部練。これじゃ、まるで高校生の部活のよう。

今日からはアルコールとカフェイン抜きで体調を整え、前日は恒例のパスタ大食いのカーボローディング!

台風くん、お願いだから近づかないでください(o_ _)o

|

2017年10月13日 (金)

近況報告

3連休、3連勤明けの今週火曜日は、お世話になっているサブ3を目指すランナーの皆さんと皇居での練習会。夜、皇居を走るのは初めてだったが、夜景がとてもキレイ。

さらに仕事を終えてから華やかなウェアでジョギングを楽しんでいるOLさんが大勢いて、何故かテンションも上がりっぱなし(笑)そんな中、我々おっさんランナー(おっさんと言っても30代から40代前半で自分だけアラカン)は、キロ5分を切る速さで4周20㎞。

Img_0087

走ったあとは皇居から神保町に場所を移しての飲み会。ホッピー好きな年長者の自分のために店を選んでくれたことがうれしかった。

それぞれこの秋に開催される大きな大会(横浜、湘南国際、水戸黄門漫遊、つくばなど)に参加したあと、12月にはこのメンバー+αでランステを貸し切っての大忘年会を予定している。そんな忘年会でいい報告ができるように、横浜、湘南国際でベストを尽くそうと思っている。

Kママは、来年3月に開催される「名古屋ウィメンズマラソン」の抽選で落選。本日の敗者復活の抽選会で当選することを願っている。当選が決まれば、当日に開催される「名古屋シティマラソン」に自分もエントリーする予定。

|

2017年9月30日 (土)

横浜マラソンのコースを試走

今月は休日出勤が6日間もあったので、昨日から3連休。そんな連休初日に1ヶ月後の横浜マラソンに向けて、二人でコースを試走してきた。

Img_1170

途中、アウトレットでショッピングを楽しんだりしながら、フルマラソンの2/3の距離約28㎞を走ってきた。

293_2

横浜マラソンは、みなとみらい地区や山下公園などの賑やかな場所を走る華やかな大会と思っている方が多いと思うが、実はコースの大半は「高速道の下」か「高速道の上」を走る大会。30㎞過ぎには、ゴール付近のランドマークタワーが見えているのに高速道で大きく折り返し、普段は大型トラックしか走っていない埠頭まで逆走するというメンタル的にもかなり厳しいコース。昨日の試走では、それを体感できただけでも収穫があったと思っている。

明日は毎月恒例の月例マラソン。猛暑の夏も終わり、10月からは20㎞の部が再開。昨日の疲れもまだ残っていたが、今朝も刺激を入れるため5㎞ほど走ってきた。これで月間走行距離も約211㎞。マラソン中心の生活スタイルがまだまだ続きそうだ。


|

2017年9月21日 (木)

杜の都を走る

敬老の日は仙台で仕事だった。台風の影響が心配だったが、朝早い新幹線で無事に仙台入りできた。ローカル線の遅延などで多少仕事に影響が出たが、無事にイベントも終了し、地元スタッフとの打ち上げも盛り上がった。

1

翌朝は5時に起床して、5月に走った「仙台国際ハーフマラソン」のコースを走った。神奈川よりも日の出が早く、天気も良かったため、杜の都を気持ちよく走れた。

2_2

駅前のホテルから広瀬川に向かい、西公園へ。さらに定禅寺通りまで行ってUターンし、西公園まで戻った。せっかくなので予定していなかった青葉城に向かうことに。そして青葉山の急勾配の道を息を切らしながら駆け上がった。

登り切った仙台城跡から見下ろす眺めは最高!!

Img_9856

その日、夜帰宅すると「北海道マラソン2017大会公式記録集」が届いていた。

Img_9867_2

出走者数 15,686名
完走者数 12,659名(完走率80.7%)
気象状況 28.1℃(気温最高 )
個人記録 3265位/15,686名

55〜59歳までの年齢別では、1,152名が完走し、自分は292位だった。ちなみに年齢別(55〜59歳)1位のタイムは、2時間45分38秒というから驚く。さらに70歳以上の1位は、3時間28分44秒!!!

もちろんそこまで頑張るつもりはないが、明日は仕事を終えてから、若いランナーに混じって練習会に参加してくる。
ほとんどがサブ3(フルマラソンを3時間以内)を目指しているランナーの集団。キロ4で10㎞(時速15㎞)というメニューというから、2㎞も走れないと思うが、レベルの高い人たちと練習することが大切なので、積極的に参加しようと思っている。


|

2017年9月 2日 (土)

横浜マラソンにむけて始動!

いつまでも楽しかった道マラの余韻に浸っているわけにはいかない。2ヶ月後には「横浜マラソン」が控えている。明日は恒例の月例マラソンに出走してから、仕事へ。今月中旬にはキロ4分で走るハイレベルなランナーとの練習会に参加する予定。もちろんついていけないだろうが、ぼっち練習だとどうしても自分に甘えてしまうのでいい機会になるだろう。

9月になったとたんに秋の気配。これからはちょっとばかり走りやすい気候になるだろう。でも朝練中心の自分には夜明けが遅くなるのがちと辛い。

Img_9306_2

|

2017年8月29日 (火)

北海道マラソンを走り終えて

唯一真夏に開催される北海道マラソン。暑さに弱い自分がこのフルマラソンを無事に走りきることができるのか、ずっと不安を抱えたまま数ヶ月間、練習を続けてきた。レース当日の天候にも左右されるし、体調もその日になってみなければわからない。でももうひとつのランニングブログで知り合った若いランナーから励まされながら何とか怪我をすることなく本番を迎えることができた。あとはやるしかない!そんな思いでレース当日スタート地点に立った。スタート1分前、テレビ塔のカウントダウンが始まる。3,2,1,スタート!いよいよスタート。今回はどんなドラマが待っているのだろう。なぜだか涙が流れた。そして全身に鳥肌が立ち、全身が震えた。眠い目を擦りながら、家族を起こさないように早朝ランニングに出かけたこと、雨風の中を練習したこと、通勤電車では眠りこけて乗り越したこともしばしば。それもこれもこの日を無事に走りきるため。あとは42.195㎞の距離を淡々と自分のペースを刻むだけ。よく走っている時に何を考えているの?と聞かれる。自分の場合は、ただ予定したペースで走れているかを気にするだけで、あとは何も考えていない。42㎞、約4時間弱、頭の中はそれだけ。ゴールが近づくとフィニッシュタイムを気にはするが。コースの最大の難所と言われている新川通も予定したペースよりも若干速いタイムで走りきることができた。この大会では給水所では必ず頭から水をかぶり、身体を冷やすことを心掛けた。スポンジは手に持ちながら走った。おかげで暑さを克服することが出来たと思っている。そしてレース終盤まで自分のペースを維持することができ、無事にゴール。ゴール後は歩くこともままならない状態だったが、ボランティアスタッフのお疲れ様!お帰りなさい!のひとこと一言が嬉しくて、ここでも涙が止まらなかった。そして完走を喜んでくれる家族、友人、ラン仲間たち。アラカン世代、社会で生きていく目標を失っている人も多いと思う。自分もその一人なのかもしれない。でも自分には一緒に走ってくれる家族や仲間、応援してくれる友人がいる。ここには間違いなく自分の居場所がある。
Keep on Running
いま仙台に向かっている。隣国からミサイルが発射された朝。都心に向かう車内はいつもと変わらない様子のサラリーマンであふれている。

|

2017年8月 1日 (火)

暑い夏に、熱くてすみません。

気がつけばもう8月。5月から7月まで異常なぐらい走った。朝は4時前に起床。5時半には走り終えて戻って来ないと何もできない。JOG記録は残しておきたいので、こちらのブログはおろそかになり、皆さんの所へも遊びに行けないことがしばしば。朝の通勤電車では爆睡。昼食はサッサとすませ、30分は寝る。帰宅の電車内でもウトウト。それもこれも今月末にある北海道マラソンを無事に完走したいため。真夏のフルマラソンで有名なこの大会は全国からランナーが集まる。航空券代、宿泊費、エントリー費用を合わせれば、6万以上もかかる。完走できずに歩いてゴールなんてしたくない。札幌の街を散歩するために行くわけではない!先月はクロカン練習もした。滅多にしないスピ練もやった。その仕上げが先週末に参加した「東京大井夏マラソン(駅伝)」大会だった。フルマラソンの距離を5人で襷をつないで走る大会。一緒に走った仲間は自分よりも年下。いつもお世話になっているチームからはガチチームと、フリーチームに分かれて10名が参加。その中で自分はダントツの最年長。迷惑を掛けるわけにはいかない。夏の大会ということもあり、熱中症も心配される。運営側からは、再三「無理だけは絶対しないでください。特に駅伝に参加する方は!!」とくどいぐらいアナウンスがある。自分は第3走者に決定。キロ3分台〜4分前半のタイムで走るメンバーのなか、自分はうまく走れてもキロ4分半。人生初の襷を受け取った時の緊張は今でも忘れられない。頑張らないと!でも頑張りすぎて途中で失速、さらに襷をつなぐことができなかったら…。そんな思いが交差するなか、懸命に走った。最後は意識は朦朧。襷をつないだ瞬間、仲間からの「ナイスラン!」というかけ声で我に返った。結果は、なんと第4位。5人でつないだ襷のタイムは、2時間56分40秒。サブ3達成!ガチチームは第3位入賞。素晴らしい経験をさせていただいた。参加することに躊躇していた自分の背中を押してくれた仲間に感謝、感謝。

『練習しなかったら、フルマラソンはつらいだけの拷問。』
『練習をやれるということはそれだけ強いということ。やれない人はやっぱり弱いんですよ』

瀬古利彦さん、Qちゃんの2人の“レジェンド”が語るマイ・ルールが心に突き刺さる。あと1ヶ月、もう少し頑張ってみよう。

P7291239

|